童貞卒業させてくれた美しい若妻のセフレはメルパラで出会った

若妻のセフレ

私は、長いこと童貞を卒業することができる、かと言って初めてで風俗というのも嫌なのもあって本当に女を抱かずに30に突入してしまったんです。

もうこのままでは童貞なんか卒業できないよな、と諦めた時に思い切って出会い系サイト メルパラを使って童貞でもセフレになってくれる人を探してみたんです。

メルパラ

もうこれで駄目ならあきらめよう、という踏ん切りの気持ちが結構その時は強かったのですが、童貞卒業をさせてくださいという募集は特に若妻のセフレ募集をしている人から好評でいくつかメッセージを貰うことが出来たんです。

童貞を卒業させてくれた童貞喰いが趣味の淑女さん

その中でも、タレントの某セクシー系の女性に似ている30代の美しい若妻がいたのでその人に童貞を卒業をしてもらえるようにお願いすることにしました。

あまりマナーなどもよくわからなかったので、全面的にお相手様にいろんな決定は任せてリードを取ってもらう形にしたのですが、とんとん拍子に話が進んで約束は知り合った次の比になりました。

待ち合わせをして実際に顔を見ると、写メでみるよりも更に綺麗な女性で露出こそ突くないのですが、体のラインが出るような服装がまた一段とセクシーでしたね。

やや緊張しつつもラブホに連れて行ってもらうと、まずは女に慣れるようにと、お風呂に一緒に入ってくれました。

お風呂 エロ

そこでも、ずっと手を繋いで手くれたり、膝の上に座ってキスのやり方を実践練習で教え込んでくれたりと、本当に手間をかけて男として成長させてくれる人だったんです。

緊張の本番も名リードで何のその

さて、童貞卒業の瞬間が迫っていたのですが結構緊張して一瞬中折れ思想になったんですね。

でも、それもおっぱいの間に顔を挟んでぎゅっと抱きしめてくれてチンポを優しく握りシコシコしてもらえるだけで簡単に勃起させられてしまいました。

本当に童貞に慣れているな、という風に感心しながらも人生初のおまんこは本当に感動という感じでした。

こんなに気持ちいいのか、と言うのとやっぱり童貞卒業自体がうれしかったですね。

今回使ったサイトはメルパラです。

若妻・人妻、欲求不満の女がたくさん登録している出会い系サイトです。

ネットカフェで男性店員とエッチをしてしまった話

私は時々は、ネットカフェにいきます。大抵はマンガをみたり、カップルで楽しむためにいきますが、私はちょっと違います。

ネットカフェにアダルト動画を見るために行くのです。そこでのエッチな体験談です。

ネットカフェでオナニーを

ネットカフェ オナニー

というのも実家暮らしでパソコンもノートです。家族で使っているので、動画を見ていたら、家族から借りようと言われたりして安心しきれないこともよくあります。

それならばと、ネットカフェに行ったのでした。ネットカフェでは、アダルト動画のサイトに接続できます。するとたくさんの動画が見られます。また、回線も早いので気にせず見られます。

私はヘッドフォンをつけて見ます。行くときは、ミニスカートにしてます。

というのもスカートをたくしあげて、下着の上からあそこをまさぐるためです。

バレるかなと心配したのに、結局1度もバレることはありませんでした。その日も普通にというか普段通りに、ヘッドフォンをつけて、オナニーしていたのです。

気持ちよくなってハンカチを噛んで、声をおさえていたのですが、ふと入り口が開いたのです。店員が用があって、入ってきたのでした。スカートをたくしあげて、あそこをさわっている姿を見られてしまったのです。

しかも男性店員にです。店員はすぐに出ていきましたが、もう恥ずかしくて身支度をして会計に向かいました。

会計にはその店員が

その店員が会計に出てきて恥ずかしくて顔をあげれませんでした。

しかし、帰る間際にまたきたら、楽しいですよと言うのです。

なんかなと気になって、また翌日に行ったのです。すると、またアダルト動画を見ようとしたら、ノックが。

そして、あけるとあの店員がいるのです。そしてはいってくると、昨日のことを話だして、そしてキスをしだしてきたのです。

そのまま、胸を触ってきて、スカートに手をいれてくるのです。

もうアダルト動画を見るよりも興奮する展開です。もうすでに濡れているのもわかってきました。

「お店大丈夫なの」

と聞くといま休憩だからとの返事でした。そのまま、私を横にさせるとパンティごしになめてくるのです。

そんなになめたらもう、帰りはびちょびちょです。そして、パンティをずらしてぴちゃぴちゃ音を立てるのです。

「バレちゃうよ」との声に大丈夫との返事で、お構いなしになめ続けるのです。「もうだめぇ~」

と私はいってしまったのです。

そしたら、店員はすっと立つと私に自分からちんちんを出せと無言のメッセージです。私は店員のベルトをはずし、トランクスをさげてちんちんをなめ始めました。もうすぐに固くなるのがわかります。

もう我慢できなくって、「入れてよ」といってしまったのです。

「騎乗位させて」との私の声にいいよと横になる店員、私はそのままちんちんを自分で中に入れてのでした。まさかネットカフェの個室でちんちんが私の中に入るなんて、もうお汁がとまりません。

ネットカフェ セックス

「どう気持ちいいの」

「気持ちいい~」

「じゃあいきなよ」

との声にすぐにすぐに反応しちゃっていってしまいました。それだけで終わるはずはありません。今度は私の好きなバックです。とうとう後ろから入れられるともう、声がどんどん大きくなるとのがわかります。

「またいっちゃっう~」

ともう何度目かの絶頂です。

「何回いけば、気済むの」

「だって我慢できないよ」

「最後は正常位でね」

「はい」

素直に応えると、店員はさらに正常位で突くので。そのときのパンパンという音も聞こえてないかと思うと、もうさらに恥ずかしさが、止まらないです。

さらにお汁がでちゃってちんちんもビショビショだったのでしょう。

最後はそのまま、私のオマンコに出したのです。もう気持ちよくて、断ることもできませんでした。

ちんちんを抜くとだらぁーと精液も垂れていました。

もうすっかり満足して身支度をして、会計へ行きました。そこの店員も帰るときに、またこの時間にと言ってきたのです。

エロい体験談を紹介しました。
メルパラを使ったエロい体験談は下のリンク先で読めますので是非!

出会い系サイトメルパラで会えた読者モデルはメンヘラビッチだった話